BlockArguments で括弧を書かない生活を送る

Posted on 日 05 7月 2020 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, GHC, GHC拡張

GHC 8.6 から BlockArguments という拡張が入った.これは構文拡張で,Haskell 2010 で必要だった幾つかの括弧を省略できるようにするものだ.この拡張を使うことで,Haskell プログラミングにおいて極限まで括弧を省略できるようになった.今回は,BlockArguments の簡単な紹介と,どういう風に括弧の省略ができるかを見ていきたいと思う.

BlockArguments 拡張

Haskell 2010 では,構文要素として幾つかのブロック式が入っている.

1
2 …

Continue reading

Coherent Implicit Parameter

Posted on 火 31 3月 2020 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, 型クラス, 型システム

アドホック多相を実現する方法として,型クラスがある.型クラスは,辞書渡しと呼ばれる方法により,かなり自然に elaboration ができる.ところで,この elaboration は暗黙的引数にも転用できることが知られている。特に、型クラスを搭載した Haskell では,その処理系 GHC の内部実装を利用して暗黙的引数を実現する reflection パッケージ が知られている.

ところで,暗黙的引数の仕組みは,単純に型クラスの型システムを転用するだけでは,coherence …


Continue reading

DerivingVia で deriving 戦略を模倣する

Posted on 月 30 3月 2020 in プログラミング言語 • Tagged with GHC, Haskell, GHC拡張

Haskell では、ボイラープレートは非常に嫌われており、それを撲滅するため強力な型システムの他にも幾つか機能が組み込まれている。その中で非常に強力な機能が、deriving だ。この機能は、データ型の型クラスインスタンスを、その名の通り導出してくれる機能である。Haskell 標準では、幾つかの標準の型クラスにおいて、事前に用意されたアルゴリズムによる導出ができるだけの機能だったが、GHC ではさらに3つの戦略を追加し、広範囲の型クラスの導出が行えるようになっている。特に最近入った DerivingVia と呼ばれる拡張の戦略は、deriving の可能性を大いに引き上げてくれる拡張である。

ところで、実は DerivingVia …


Continue reading

遅延評価でデバッグが困難になる状況

Posted on 日 29 3月 2020 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, 遅延評価, デバッグ

先日、Haskell 界隈で遅延評価によってデバッグがし辛いのはどんな時かと言う話があった。見た感じ、遅延評価によってデバッグのしにくさはそんなに変わらないと言う意見が結構あり、個人的には衝撃だった。僕自身は遅延評価にだいぶヘイトを溜めてる人なので、どういう状況でデフォルト遅延評価が嫌かを実感できる問題を作った。この問題を解けば、きっとヘイトを共有できるはずってわけ。一緒に地獄に落ちような。

なお、かなり主観に寄っていて、結構書き殴ってる部分が多いので、厳密な議論をするにはあまり良い例ではないかもしれない。個人的には、備忘録的な意味合いも強くて、今まで詰まったやつをまとめておくかみたいな感じでもある。

先に結論を書いておくと、

  • プログラム自体が大きくて [1]
  • 複雑な制御構造をしていて
  • (optional) 以下のいずれかの条件を満たす
    • 遅延評価を機能として使っている …

Continue reading

型クラスの Coherence と Orphan Instance

Posted on 金 20 3月 2020 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, GHC, 型クラス

Haskell には型クラスと呼ばれる重要な機能がある.これは名前の通り,型をクラス分けするための機能で,その型に対してある操作が構成できることをその型の性質とみなし,性質に名前がつけられる機能だ.この機能は,アドホック多相,つまりは型による静的なオーバーロードを実現する仕組みとしての側面もある.型クラスに対しては,型ごとにそのインスタンス,つまり操作の実装を与えることができ,ある型がある型クラスに所属していることを型注釈で表明することができる.その表明は,コンパイラによるインスタンスの自動検索で解決され,解決できなかった場合は型エラーになる.

さて,型クラスの仕組みは coherence という,かなり強い性質を要求する.今回は,この coherence がどういう役割を持つかを …


Continue reading

多相関数を第一級で取り扱う

Posted on 金 06 12月 2019 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, GHC拡張, GHC, 多相関数

今回は,GHC拡張の一つ RankNTypes の紹介をしようと思う.もうちょっとちゃんとまとめたのをいつか Haskell-jp かどっかに投稿したいと思ってるんだが,時間が (さっさと書け).

さて, Haskell のプログラミングにおいて多相関数はかなり重要な役割を持つ.しかしながら,標準の範囲では多相関数自体を第一級の値として扱うことはできない.私たちに許されるのは,多相関数を定義することだけだ.まあ,それだけでもかなり有用なんだけど,多相関数を第一級で扱えると,色々プログラミングの幅が広がる.今回は,多相関数を第一級として扱うというのはどういうことか,そしてそれをするにはどうすればいいか,そうすることで何がうれしいのかを簡単に触れられたらと思っている.

多相関数を第一級で扱うとはどういうことか …


Continue reading

Local Do と型クラス

Posted on 土 27 7月 2019 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, GHC, GHC拡張, do構文, 型クラス

現在, GHC に 線形型の提案 がされていて活発に議論されている.プロトタイプも ここ から利用可能だ. Docker イメージも利用可能なので,気軽に試せると思うので,ぜひ試してみてくれ.

さて,そんな線形型の提案の裏で,副産物として Local Do という拡張が提案されている.今回は,その拡張の紹介と最近思ってることのお話.

Local Do 拡張

Haskell の …


Continue reading

Call Arity と融合変換

Posted on 金 26 7月 2019 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, GHC, 融合変換, コンパイラ, 最適化

GHC は,最適化のため Call Arity と呼ばれるコード解析を行っている.この解析で,自由変数が何個引数を持っていいかを判定し,イータ展開を可能にする.リストにおける融合変換とも密接な関係のある解析だ.こいつの存在とどういうことをやっているかはだいたい知っていたんだけど,ちょっと詳しく知りたい事例があったので調べてみた.そのメモ.

なお元ネタは,Breitner (nomeata) 先生の Call Arity

イータ展開と最適化

Haskell は知っての通り関数型プログラミング言語なので,息を吐くように関数を第1級として使うし,標準ライブラリに無数の高階関数がある.関数は全てカリー化されていて …


Continue reading

GHC の線形型プロトタイプのお試し環境を作る

Posted on 金 28 6月 2019 in プログラミング言語 • Tagged with Haskell, 線形型, GHC, Docker

現在, GHC に 線形型の追加提案 が出ている.その提案に合わせて,プロトタイプも公開されている.内容はあまり詳しく追ってないけど,お試し環境は作ってみたのでその備忘録.

線形型プロトタイプ実装

線形型の提案は, GHC Proposals (https://github.com/ghc-proposals/ghc-proposals/pull/111) で議論されている. https://arxiv.org/abs …


Continue reading

Rust のジェネリック関数はどうコンパイルされるのか

Posted on 月 24 6月 2019 in プログラミング言語 • Tagged with Rust, 多相関数, ジェネリクス, トレイト

最近, (特に境界条件を伴った) 多相関数が言語ごとにどういうコードを吐くかが気になったので, Haskell とコードの生成方針が異なるという噂の Rust を見てみることにした.その覚え書き.なお, Rust 普段使いではないので間違ってるかもしれないのと,情報が古いかもしれない.

https://rust-lang.github.io/rustc-guide/about-this-guide.html が主な参考文献.使った rustc は,

  • rustc: 1 …

Continue reading